積み木の家

一戸建てにするメリット|住みやすいさにこだわるならココ

家づくりの工法いろいろ

婦人

色々ある工法の種類

中野区の一戸建ての寿命や過ごしやすさを決める基本が、工法と構造です。家づくりの全てを設計者任せにせず、自分らしい一戸建てを中野区につくるためにも基本を押さえておきましょう。木造軸組工法は、柱や梁で骨組を作る日本の一戸建ての伝統的工法です。壁の部分を筋交いや合板で補強し、柱は補強金具を使えば耐震性も高まります。通気性に優れ中野区の風土に合っています。自由に間取りを組めることと増改築が比較的に簡単にできるのが特長です。2×4工法は、アメリカで生まれの工法で壁と床天井を一体化した構造です。耐震性に優れている他、気密性、断熱性も高く、耐火性にも優れています。大工さんの腕による仕上がりの差がないのが利点です。木造軸組を比べ、工期が短い期間でできるのも長所です。気密性が高いので、換気や結露対策を忘れず事前にしておくことが中野区の一戸建てを長持ちさせるコツです。鉄筋コンクリート造は、鉄筋を組んで型枠の中にはめ込み、そこにコンクリートを流し込んで基礎と建物を一体化してつくるもので、RC造ともいわれます。耐震性、耐火性、耐久性が高いのが特長です。引っ張る力に強い鉄筋と、圧縮する力強いコンクリートの特性を合わせた工法です。柱と梁で骨組みをるくる鉄筋ラーメン工法と壁式工法があります。プレハブ造は、基本的な部材を工場で事前につくり、現場で組み立てる工法です。工期が短く品質に差がないのが特徴です。多くの工法で採用され、気質系、鉄骨系、コンクリート系に分類されます。